ユーキャンの医療事務講座の詳細サイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療事務に役立つ資格

<<   作成日時 : 2010/03/04 16:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0


医療事務の資格のほかにも
医療事務に役立つ情報があったので
記事にしました。
医療事務に役立つ資格


歯科医療事務というのは
歯科助手のことです。
歯科医、診療所などの受け付けの患者対応や
予約のスケジュールを立てたり、初心患者の保険証確認
など全ての業務をやりこなす必要があるのです。
私も実際に歯科助手として働きたかったので
最初はバイトから始めることにしました。
歯科事務の詳細


調剤報酬請求事務や経営管理などの、
薬局のスペシャリストに向けて
学習することが目的です。
1級合格者の場合は
医療情報管理者としてのMRレベルで
知識や技能を得ることが出来るそうです。
調剤情報実務能力検定試験


医療保険事務は、病院や医院内で
診療行為の全てが対象になります。
調剤報酬事務の場合は
医療保険事務で短期間で学習が出来るのです。
医療保険調剤報酬事務士


調剤報酬請求事務専門士とは、医療機関での受け付け業務や
医療事務、そしてレセプト作成をするところまで
沢山の知識を持つ事で活躍が出来る資格検定なのです。
調剤報酬請求事務専門士検定試験の合格率は約31%で
受験資格は特にないそうです。
調剤報酬請求事務専門士検定


診療情報管理士とは患者の診察のときに
カルテの情報を専門として管理することが
診療情報管理士なのです。
患者の診療記録の出し入れなど、今では
電子カルテ化が進んでいます。
病名などコンピューター入力や登録することも
診療情報管理士の業務なのです。
診療情報管理士


診療情報管理技能認定試験とは合格者に
メディカル・レコード・コーディネーターという
称号が与えられるそうです。
この称号の詳細は
制度が高い病名コーディング技術等診療情報管理業務
の専門家の能力を果たしているという証明のことを言います。
診療情報管理技能認定試験


医事オペレータ技能認定試験とは
医療事務業務のコンピュータ化によって
医療機関で医事オペレーターの知識や技能の程度を評価します。
また社会的経済的地位を上げるための
目的で実施しているそうです。
医事オペレータ技能認定試験


医事コンピュータ技能検定試験は
年に2回実施されていて
受験資格はありません。
しかしパソコン操作が出来ない人には
医療事務講座のカリキュラムにそって
コンピュータに慣れる必要があるのです。
医事コンピュータ技能検定試験

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

医療事務に役立つ資格 ユーキャンの医療事務講座の詳細サイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる